ページのトップ

パワーチャンバーの巻

マフラーの前に吸気系をいじりました。
トップフューエルのパワーチャンバーを取り付けました。

作業前の状態 作業前の状態です。
エアクリをはずす前に、バッテリーをはずします。
純正フィルター エアクリーナーのフタをはずしました。
純正フィルターがあらわになりました。
ボルト 本体を固定しているボルトをはずします。
写真は右下のボルトです。
インテークホース 左下のボルトもはずし、吸気温センサー、インテークホースをはずせば本体が取り外せます。
ホースの仮止め 付属の異型ホースをスロットルに仮止めします。
ステーの仮止め チャンバー本体固定用のステーを仮止めします。
仮組み 本体を仮組みします。
なんか、イー感じになってきました!
吸気温センサーを差し込み 付属のホースをチャンバーにつけた後、吸気温センサーを差し込みます。
センサー本体は、エアクリ本体からラジオペンチで簡単に引き抜けます。
それをチャンバーのゴム穴に差し込んでカプラーをはめればOKです。
ターミナル 見た目はばっちりですが、実はフィルター部が補強バーに当たってます。ステーの高さが合ってないようです。
ほんとはちゃんとTFに確認しないとだめなんでしょうが、またエアクリ本体付け直すのも面倒なんで、小細工することにしました。皆様はまねしないでください。
加工用小物 そこで、ケーヨーD2で小物を購入しました。L字型のステンレスバー2本とストレート2本、ネジと穴あきアルミ板です。
L字型ステンレスバーの取り付け フィルターと専用ステーをはずし、L字型ステンレスバーをネジ止めしました。
整流板兼遮熱版(のつもり) 整流板兼遮熱版(のつもり)として穴あきアルミ板をつけてみました。なんか意味なさそうですが気持ちだけ…
もうひとつのL字型ステンレスバーを取り付け チャンバーの取り付け位置を確認して、もう一個のL字型ステンレスバーを高さが合うようにネジ止めします。
フィルターを固定 専用ステーと一緒にフィルターをバンドで固定します。
設置確認 バッテリーを戻し、各部締め増しを行い、エンジンを回します。
干渉がないか、ボンネットを閉められるか確認します。
完成 完成です。
軽くアクセルを踏んだときの吸気音がたまりません。また、パワーもアップしたことが体感できます。
あとは、補強バーに干渉する理由が未解明ですが、フィルターのポジションが高くなったため、ボンネットを開けるとインパクトがあります。
値上げ前に購入できたことも含め、大満足です。

ページのトップへ